logo
PhotoBooth
時間を節約

あらゆるタイプの証明写真を自分で作れる

マイナンバー、免許証、パスポート用
申し分ない画質、しかも無料で速い!
証明写真 安い
  1. これまで10
  2. 10人以上の
  1. 万枚以上の写真を仕上げています
  2. スペシャリストで構成された写真専門チーム

PhotoBooth Onlineを早速使ってみましょう!

無料&制限なし

PhotoBooth Online(フォトブースオンライン)は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像から証明写真が作れる無料のWebサービスです。お金がかからないので、納得いくまで何度でも撮り直しができます。

全自動で写真の処理

PhotoBooth Onlineでは、背景色は自動的に青色に変換されます。必要とされる顔の比率が設定され、画像が必要なサイズにトリミングされます。

様々な用途の身分証明証に対応

PhotoBooth Onlineでマイナンバーカード、履歴書、運転免許証、学生証、パスポート等、ありとあらゆる身分証明証の写真をWeb提出およびプリント用に作成出来ます。

高品質な仕上がり

弊社サービスは国の求める基準に適合した高品質な仕上がりを提供します。正しい背景、サイズ、明るさそして正しい顔の大きさの証明写真を受け取ってください。

速くて便利

パソコンやスマートフォンのブラウザから簡単に写真をアップロードできてアプリのインストール、登録も不要です。たった2分で仕上がりが分かります。

私たちはお客様を大切にします

お客様が満足していただくことは私たちの仕事です。技術的な問題や質問がある場合は、いつでもお問い合わせください。24 時間以内に対応いたします。

証明写真を自分で作るのはこんなに簡単

  1. 証明写真 自撮り
    ステップ1
    画像をアップロードしてください
  2. 証明写真 無料
    ステップ2
    完成画像をダウンロードするだけ

Photo Booth Online を使うべき6つの理由

  1. 無料サービス

    PhotoBooth Online を使えば時間もお金も節約できます!Web提出や自宅のプリンターで印刷できるデジタル写真を無料でご用意いたします。使ってみてご満足いただけましたら是非お友達やお知り合いにも是非おススメください!
  2. 背景を自動で無地に変更

    背景の異物や影を気にせずに、スマートフォンで撮影した写真やパソコンに保存してある画像をアップロードできます。PhotoBooth Onlineは、背景色を自動的に青(水色)に変更します。素晴らしい結果を出すために解像度の高い画像をアップロードすることをお勧めします。
  3. デジタル画像データを保存出来ます

    PhotoBooth Onlineはデジタル画像をあなたが必要とする枚数、画素数、データ量で作成します。画像データをあなたのスマートフォンやPCに保存してマイナンバーカードのオンライン申請や履歴書のWeb申請にお使いいただけます。
  4. 必要条件を満たした写真になります

    あなたの写真は規格に合った正しいサイズになります。サイズと証明写真の要件については、こちらをクリック してください。必要な顔の比率及び頭上の余白部分が自動で計算、設定され手動で調整する必要がありません。
  5. プリント・WEB用写真

    プリント・オンライン申請の要件に適合した写真に仕上がります。プリント用にPNG形式で、そして様々なオンライン申請用にJPG形式にデジタル画像を仕上げます。
  6. 様々な身分証明証に使えます

    資格試験、公務員試験や行政書士の受験、就職・転職活動、受験・資格証明、社員証・学生証、小・中・高・大学受験等。

PhotoBooth Onlineサービスのメリットを見てみましょう!

  1. メリット 1

    規格に合った正しい証明写真が簡単に作れる!

    必要なサイズで青色無地の背景の写真をご用意いたします。 いくつかのルールにしたがって写真を撮るだけです。

    • 医療用マスク、サングラス、帽子、および個人を特定するのが困難なものを着用しないでください。
    • 前髪で目や眉毛を隠さないでください。
    • まっすぐに座り、背中を伸ばし、肩をまっすぐにします。
    • 顎の引きすぎ、上げすぎに注意してください。
    • 頭を左右に傾けないでください。

    PhotoBooth Onlineに画像をアップロードして証明写真を数秒で手に入れましょう。

    証明写真 男性 女性
  2. メリット 2

    自宅でいつでも好きな時に証明写真を作ろう

    私たちのPhotoBooth Onlineサービスは24時間、365日いつでもご利用できるので、あなたのご都合の良い時に写真を作ることが出来ます。自宅でゆっくり落ち着いた状態で撮影出来ます。私たちのサービスを利用して様々なタイプの証明写真をお作りいただけます。

    • 履歴書(40×30mm)
    • 免許証(国内)(30×24mm)
    • パスポート(45×35mm)
    • マイナンバー(45×35mm
    • 学生証 (40×30mm)/(45×35mm)
    • 社員証(45×35mm)

    上記以外にも同様のサイズ要求に適合した他のタイプの証明写真も作成可能です。撮影前に、必ず各機関の公式サイトで最新情報をご確認ください。また、急ぎで証明写真を用意しないといけない時なども私たちのサービスは大変便利です。

    証明写真 自宅 家 スマホ
  3. メリット 3

    何度でも撮り直しOK!

    長い間付き合うことになる証明写真には写りの良い写真を使いたいですよね。そんなあなたの願いを私たちは喜んで叶えます!色んな服装やヘアスタイルを試してスマホやデジカメで好きなだけ写真を撮ってください。お気に入りの一枚をPhotoBooth Onlineで加工して各種身分証明証用の証明写真にお使いください。

    証明写真 かわいい

よくある証明写真Q&A

  1. スマホで証明写真は撮れますか?

    スマートフォンで撮影した写真を 、PhotoBooth Online サービスで加工し、証明写真としてご利用いただけます。写真を自動的に処理し、時間を節約します。出力では、無地の背景で正しいサイズの顔写真が得られます。
     

    私たちのサービスで作成された写真は印刷にもWEBでの使用にも適しています。完成したデジタル写真は、マイナンバーカードのオンライン申請に添付したり、履歴書(WEBエントリー)でもお使いいただけます。
     

    印刷には写真用紙をご利用ください。 パスポート、マイナンバーカードはフォト光沢紙をご利用いただくか、プリントサービスをご利用ください。

  2. 証明写真の背景は何色?

    基本的な背景色は、ライトグレー・ライトブルー・ホワイト(白色)です。Photo Booth Onlineは 、写真の背景を自動で靑(水色)無地に変更します。 青色(水色)の背景は、肌や髪の色とよく調和しています。 たとえば、白髪の場合、写真の白い背景は合いません。青い背景の写真では、よりエレガントに見え、真面目な印象を与えます。

  3. 証明写真にふさわしい服装は?

    普段着または派手な服装は証明写真には適していません。以下の点に注意して適切な服装で撮影しましょう。 

    ネイビーブルーまたはチャコールグレー色のような落ち着いた色のスーツを着ましょう。スーツの下には男性は白いワイシャツに明るすぎない色のネクタイの着用が望まれます。ポロシャツや柄の入ったシャツは避けるようにしましょう。
     

    女性は白色または明るい色のシャツやブラウスが好ましいです。胸元が開きすぎたデザインの服は適していません。また耳や頬の形が隠れてしまうのでイヤリングやネックレスなどのアクセサリーの着用は推奨しません。
     

    タートルネック、スカーフのような首やあごの部分を隠す服装は避けてください。
     

    撮影の際、背景と色が溶け込まないように服の色の選択にはご注意ください。

  4. 証明写真でのメイクはどこまでOKですか?

    ベースメイクで健康的な肌へ。 目の下のくまや肌の気になる部分(ニキビ、ニキビ跡など)はコンシーラーでやさしく隠します。 ファンデーションは肌の色に合わせることが重要です。メイクを間違えると、顔と首の肌の色が一致しなくなる場合がありますのでご注意ください。アイメイクに関してはブラウンとベージュの色合いが好ましいです。 アイラインは濃すぎず、太く入れすぎないよう注意する必要があります。チークと口紅は肌や唇の色に自然になじむコーラルピンクが望ましいです。ナチュラルメイクが一番最適です。証明写真を可愛く撮るためのアドバイスはこちらをご覧ください。

  5. 証明写真にふさわしいヘアスタイルは?

    最も重要とされることは、髪で顔の輪郭や顔の一部を隠さないことです。 たとえば、前髪が長い場合は、前髪を分けて目、眉、額を見せたりして顔から遠ざけます。女性の方で顔まわりに毛がある方は耳にかけるか、髪をまとめていただくことをおすすめします。男性は流行りの乱雑なヘアスタイルは避けた方が良いでしょう。適度な量のワックスで髪を整えます。こちらの記事では証明写真でブスに写ってしまう主な原因をまとめてみました。ぜひお読みください。