logo
PhotoBooth

綺麗な顔写真を撮りたい人必見!証明写真の撮影方法を解説

証明写真 撮り方

はじめに

実際にはとっても美人なのに写真写りが悪い人はよくいますよね。そして身分証の写真写りが悪いので、免許証とかマイナンバーカードを提出するのに抵抗がある女性も多いです。しかしもう悩む必要はありません。今回は証明写真で綺麗にしかも自然な感じで盛れるコツを解説します。とっても簡単で誰でもできるので必見です!

目次

1. 身分証用の写真を綺麗に盛るコツ6選!

綺麗に写った証明写真が撮れるアドバイスをぜひご覧ください。

【1】撮影には適切な髪形で

映えた証明写真を撮るには髪のケアが大事です。束感が崩れていると良い写真写りは期待できません。一般的なアドバイスー数年で廃れるような流行りのスタイリングは避けましょう。そしてスポーティーでカジュアルすぎる外見のみならず、凝った髪形をしないで簡素なビジネススタイルを意識するようにしましょう。そして身分証に使う写真では清潔できれいな髪の状態である必要があります。ストランドが毛羽立ちすぎないよう、撮影前日に洗髪して、しっかり髪の状態と質感をチェックしましょう。

髪をきれいに洗って乾いたら次に髪形を整えます。顔がよく見えるよう、エレガントなポニーテールまたはメッシーバンが最適です。普段長い髪でルーズヘアをしている女性はそのままでも良いですが、横の髪は耳の上にかけて後ろに流しましょう。

証明写真 コツ

そして分け髪は横分けが一番です。理由は完全に対照的な顔を持つ人はいないので、真ん中で分けると顔の非対称性が強調されてしまうからです。髪の束を徹底的にヘアブラシで梳いて縮れ毛、くせ毛ダメージ用トリートメントを使用します。もしあなたがショートカットをしている場合、前髪を切りすぎると子供のような印象を与えてしまいますので、奇抜な前髪にはせずに、眉や目元が見えるよう前髪を横に流すように整えましょう。

証明写真では目、眉毛、顔の輪郭を髪で隠してはいけないルールがあることを覚えておいてください。前髪が長い場合は、眉や目にかからないようにセットしましょう。前髪が長い場合は、目や眉にかからないようにピン止めすることをお勧めします。

【2】正しい服装で

美人 証明写真

証明写真では肩と首しか見えませんが、とにかく基本的な服を選んでください。男女ともにスーツが基本で白いシャツ、ブラウスにグレーや紺の無地でクラシックカットのジャケットが良いでしょう。証明写真の背景は大体は白または青なので、服の色が背景に溶け込まないよう注意しましょう。

服装に関する注意すべきルールは顔を覆う服装は許可されていないということです。顎がほんの少し隠れているだけでもアウトなので、マフラー、ストール、タートルネック、フード付きの服は避けた方が良いでしょう。また流行の服装はやめましょう。身分証明書の有効期限は長いですが、服の流行はすぐに廃れてしまいます。数年後にはダサくなって、身分証を提示するのが恥ずかしくなってしまうことがあります。

ピアス、イヤリングやその他の装飾品をつけたまま証明写真を撮っても良いかという問がある場合、このトピックをまとめた記事がありますので是非ご覧ください。

【3】フラッシュに耐えられるメイクをしましょう

証明 写真 かわいい

光沢のあるシャドウ、口紅、ウェット効果のある基礎化粧品はお勧めしません。フラッシュや特殊照明でこのような化粧品の照かりが増し、写真の顔に光りの反射が生じます。ですので光沢のある質感は避けてマットな化粧品を使いましょう。

まばゆいフラッシュでは肌の問題が目立ちやすくなりますので、ファンデーションを塗り、肌の表面を均一に整えましょう。ファンデーションが、肌の質感、はがれ、乾燥、毛穴を強調しないよう、そして肌に脂っこい照りが出ないよう注意しましょう。そのためには、自分の肌に合った色合いを選び、メイクに適したスキンケアが大事です。ファンデーションを塗る前に、必ずトニックで洗顔し、軽くモイスチャライザーを肌に広げてください。顔と首の色に差が出ないようにファンデーションは顔だけではなく、首の方まで軽く伸ばして手の平でなじませるように塗るようにしましょう。

証明写真 綺麗に撮る

はっきりした濃い色の口紅は塗ってはいけません。証明写真にはピンク、ヌードベージュが合います。証明写真をキレイに盛れるもう一つの簡単な方法はピーチピンクのチークを頬に塗ることです。そうすることによって頬に自然な血色感を与え、健康的で華やかな印象がUPします。

証明写真は本人確認をするための物なので、顔の特徴や釣合いを崩すような盛り過ぎメイクにならないよう注意しましょう。公的身分証明書発行申請時に証明写真を確認する職員は写真に写っている人物が申請者本人であることを確認する義務があり、職員が認識できないと証明写真は受理されません。

【4】正しい表情で

証明写真 盛れる

旅券やマイナンバーカードに使う写真の場合は笑顔は厳禁、無表情(ニュートラル)であることが条件です。運転免許証や就職活動に使う履歴書の証明写真は歯を見せずに口を閉じて口角を上げた状態の自然な笑顔は許容されます。

【5】夜に大量の水分や塩辛い物の採取は控えめに

リラックスしてる時の表情ほど美しいものはありません。撮影前日はしっかり睡眠をとって体を休めましょう。

【6】汗と皮脂のテカりを取りましょう

撮影前にはあぶらとり紙でテカリの原因となる顔の皮脂を取って光沢と汗を取り除くことを忘れないようにしましょう。

2. 自分で証明写真を上手に撮るコツ

証明写真可愛い人

【1】照明

適切な明るさは、上手く写真を撮るためには重要な要素の一つです。薄暗い電灯は美しく輝く肌と新鮮な容貌の妨げとなりますので、照明を最大限に活用することが重要です。

薄暗い電灯は、輝く肌と新鮮な外観の大敵であることが知られています。 したがって、あなたの主な仕事は、照明を最大限に活用することです。太陽の光がまぶしくない明るい曇りの日が撮影に最適です。自然光が入る明るい場所で撮ると肌の色が自然で健康的に見えます。顔に影やテカリが入らないよう注意しましょう。顔は均等に照らされている事を確認してください。

人工照明の下での撮影は上からの光で目の下に影が入り顔全体が暗くなって、写真の仕上りが健康的ではない印象を与えてしまいます。顔に影が入ったり、室内が暗く、均等に照らされていない時はフラッシュを使用しましょう。

【2】その他撮影に必要なアイテム

もしスマホを使って証明写真を撮影したい場合は、両肩の高さが平行になるよう両手でスマホをまっすぐ顔に向けて持ちましょう。綺麗に撮るために、顔は緊張せず眉をひそめたり、唇をすぼめたりしないように注意しましょう。またスマホを手で持ち写真を撮ると、スマホを持つ手が上に上がるので、よく手振れが発生し服にしわが出来たり不自然に撮れてしまいます。そうならないように、スマホで撮影する時はスマホスタンドや三脚を使用するのが望ましいです。

【3】正しいポーズ

撮影時は前かがみになったり背中を丸めないよう、背筋をピンと伸ばし、左右の肩は同じ高さに保ちましょう。浅めに椅子に座ると自然と背筋が伸びます。頭は上げすぎず、頭を引き込みすぎると二重あごができてしまうのでご注意ください。

3. 自然な形で可愛く綺麗に写れる証明写真の準備はPhotoBooth Onlineで

photobooth online

公的書類に使う証明写真を自分で準備するには自分に合った使いやすいアプリを選ぶことは大事ですね。証明写真アプリはたくさんありますが、特におすすめなのが証明写真作成用ウェブサービス PhotoBooth Onlineです。この記事で紹介したアドバイスに従って撮影準備をした後、スマートフォンやデジタルカメラで顔写真を撮り、PhotoBooth Onlineサービスにスマホまたはパソコンで開き、撮った画像をアップロードするだけです。アップした画像は自動で選択した用途の証明写真の規格に合わせ加工されます。背景も自動で単色無地に変換されるので自分で背景を用意する必要も全くありません。完全無料なので何度も撮り直し加工が出来ますので、一番綺麗に可愛く撮れた証明写真を証明写真を手に入れることが出来ます。

まとめ

写真で綺麗に撮るには派手な化粧や流行を取り入れた髪形は避けましょう。普段の自分より良く見せようといつもと違った慣れない化粧や髪形をするよりも、緊張しないで、ありのままの自分を見せるように心がけましょう。