logo
PhotoBooth

ピアスやイヤリングをつけて証明写真を撮っても大丈夫?アクセサリーに関する注意事項は?

証明写真 ピアス つけたまま

はじめに

証明写真を撮る時に耳のおしゃれしても良いのかと多くの女性が心配しています。今回の記事ではアクセサリーに関する禁止事項や問題なくつけることが出来るものについて解説します。

目次

1. 公的身分証明書用に証明写真を撮るとき、アクセサリーをつけたままでも良いですか?

証明写真 イヤリング

写真による本人確認は顔の部位(目、鼻、口)の3点の位置や輪郭、特徴を読み取り認証します。したがって、アクセサリーが顔の認識を妨げなければ、つけたまま写真を撮るのは問題ありません。大きなイヤリングをつけていて顔の輪郭が隠れた場合は、本人確認が出来なくなるので撮り直しを求められることがあります。鼻、唇、眉のピアスも顔認証の妨げとなるため、証明写真撮影の際は外した方がよいでしょう。非常に小さなピアスは、ほくろなど、顔の特徴と誤って認識される恐れがあります。これによって写真から正確に個人の特定が不可能になるか、またはピアスをつけていないと、別人として認識される可能性があります。大きなネックレスが顎の輪郭を隠している場合等も公的身分証用の写真要件に違反していると見なすことが出来ます。

証明写真 ネックレス

身分証明証に使う証明写真を可愛く撮りたいと思っている方は長いチェーン、ペンダント、ネックレス、スカーフその他様々なお気に入りのジュエリー等はフレームからはみ出して途切れて写る可能性が高く、写真の品質に影響するので注意が必要です。また派手で目立つアクセサリーは公的な身分証の顔写真には相応しくないので外した方が良いでしょう。

2. 身分証明書用の証明写真で絶対につけてはいけないアクセサリーはありますか?

証明写真 アクセサリー

写真を撮る前にまずは公的身分証の写真に関する規定を必ず確認しましょう。

  1. 顔の輪郭や目、 鼻 、 口 、  あごをアクセサリーで隠すことを認められません。大ぶりなアクセサリーの着用はお勧めしません。
  2. 顔の一部と認識されてしまうようなピアスは認められませんが、撮影する際、額、顎、顔の輪郭を横切らないアクセサリーの着用は問題ありません。

3. 就活に使う履歴書にアクセサリーをつけた状態の証明写真は使っても良いですか?

証明写真 ピアス バイト

次に就職活動でピアスをつけていてもOKなのか、つけているとどのような印象を与えるのか等、注意すべきポイントを解説します。

一般企業での仕事を探しているなら、証明写真を撮る前にアクセサリー類は外した方が良いでしょう、実際、面接担当者は、服装、髪、化粧、爪が手入れされているか、さらにはピアスの有無など、あなたの外見をチェックします。これは、男子・女子双方に当てはまることで、就活で履歴書の証明写真でアクセサリーをつけていると、採用担当者からTPOを見極められない、不真面目と思われてしまうかもしれません。時と場合に応じた着こなしは就職活動の時ばかりだけではなく、就職後も大事なことです。写真を撮る前にピアスの穴を隠したい、そんな時はファンデーションでマスキングしたり、フェイクシールを使うことをお勧めします。

4. 身分証明書に使う写真は自宅で好きな時に作りましょう。

証明写真 ピアス 消す

写真館に行けば、専門スタッフがアクセサリーつけたまま証明写真を撮る場合でもしっかりアドバイスしてくれますが、忙しくて写真を撮りに行く暇がない時は家から出なくても自宅で最新の技術を使って証明写真を作ることが出来ます。

公的機関が発行する身分証明書に使う証明写真のアクセサリーに関する制限を全て事前に調べて準備した後、PhotoBooth Onlineを使って撮ってみましょう。このサービスは無料であらゆるデバイスに対応しており、履歴書用証明写真はもちろんのこと、パスポート、マイナンバーカード、学生証等、各種証明写真を作ることが出来ます。しかも全て自動で顔の位置とサイズを各用途の規定サイズに合わせて、背景も靑の無地単色に変更します。

photobooth online

身だしなみを整え、証明写真に相応したアクセサリーを選んでスマホまたはデジカメで写真を撮り、PhotoBooth Onlineにアップロードして加工した画像の中から一番気に入ったものを証明写真として使うことが出来ます。

まとめ

公的身分証明書に使う顔写真のアクセサリーに関する注意点をまとめてみました。本人確認書類に使う写真のルールはたくさんありますが、今回ご紹介したアドバイスを参考に上手にアクセサリーをつけて証明写真を撮りましょう。