logo
PhotoBooth

証明写真が綺麗に撮れるメイクのコツ

証明写真 メイク

はじめに

女の子たちは証明写真を撮る時、いつもどこまでメイクが許されるのか悩みますよね。今回の記事では写真で知的に見える正しいメイクの仕方や注意点を詳しく解説します。ここで紹介するアドバイスは様々な身分証明書の顔写真を撮影する際にも応用できる内容となっておりますので、ぜひお読みください。

目次

1. 証明写真にメイクのルールはあるの?

証明写真 綺麗に撮る メイク

各種書類に使う証明写真のメイクに関するルールはありません。しかしメイクによって顔の特徴が見えなくなったり、バランスが崩れた場合は写真が受理されなくなります。

目元や唇にアクセントを加える程度のメイクは認められますが、必要以上に強調過ぎると、顔の特徴が消えたり、光沢感のある化粧品を使うと撮影時に照明で顔にテカリが入り写真で顔の特徴が正確に確認できなくなります。肌表面の凹凸や目元のクマをトーニングローションで整えるのは問題ありません。しかし、ほくろ、そばかす、しわ、傷跡は顔の自然な特徴ですので写真でも確認できるよう、メイクで隠さないことが重要ポイントです。

2. 証明写真のメイクのコツは?

就活 証明写真 メイク 自分で

証明写真の撮影ではあなたの魅力を引き出すメイクが求められます。例えば履歴書に使う証明写真では面接担当者にポジティブな一印象を与え、就活で優位に立てるよう正しいメイク方法をマスターしましょう。証明写真はあなたの人物像評価にも影響を及ぼす可能性もあるため、撮影前の準備はとっても重要です。鮮やかな唇や、逆に暗すぎる色のような不自然なメイク要素は派手な印象を与えるため認められません。ですのでマット色を使って、飾らない素顔に近いメイクをしましょう。

女の子たちは仕事を探しているときよく自分の外見を気にします。どんなメイクをすれば 好印象が創り出せるのか悩んでしまいますよね。ここからは、履歴書用の証明写真をキレイに盛れる方法をご紹介します。

証明写真 化粧 どこまで

ベースメイク

証明写真をキレイに盛るには、まず大事なのがベースメイクです。もし目の下にクマが出来てたり、肌にくすみがあると顔の印象が暗くなりますので、ファンデーションとチークを上手に使って明るい印象に仕上げましょう。目元のクマや肌のくすみをファンデーションで隠せますが、塗りすぎにはご注意ください。顔にファンデーションを塗りすぎると、顔と首との色が異なって不自然に見えてしまうのでご注意ください。

選んだ色合いのクリームは以下のやり方で塗る前に必ずチェックしましょう。首の近くのあごのラインに少し塗り、その色合いを首の皮膚と比較します。両方の色が一致し、

下あごの部分と首との境界線が目立たない場合はファンデーションの色合いが正しく選択されています。

適切な色合いを選択したように見えても(特にお店の人が手伝ってくれた場合)、すぐに購入せず、必ず日中の光の下でどのように見えるか、窓の近くで鏡を使い確認しましょう。もう一つの確認方法は、手の裏に塗ってテストすることです。手首の裏に塗って、自分の肌と違う場合は、その色は選択肢から外しましょう。

高校生、大学生の中にはメイクをしてアルバイトの履歴書写真を撮っても良いのかと悩む子は多いですが、目元や口元を大人のようにメイクすることはお勧めしませんが、肌に近い色でニキビを隠す程度のメイクは問題ありません。

証明写真を上手に撮るには、ヌードカラーやマットカラーを使い色味補正をしながら、ナチュラルメイクで目立つ顔の疲労感と目下のクマをカバーする必要があります。

証明写真 盛れる メイク

 チーク

チークを塗ると顔の血色感を高め、健康的な印象を与える効果があります。コーラルピンクとコーラルオレンジは暖かみのある色で肌なじみが良いのでおすすめです。唇の色に近いチークを使い、頬骨に沿って入れましょう。チークを入れすぎると派手になり不自然な仕上がりになってしまいます。

口紅(リップ)

口紅は唇の色に近いピンクまたはベージュピンクを選びましょう。

目元のメイク

目元はカラーマスカラは使わずに、ベージュまたはライトブラウンのアイシャドウとマスカラで塗りすぎに注意しながら仕上げましょう。アイシャドウはベージュ、ブラウンのような肌になじむ自然な色合いを選びましょう。メタリックやパール質感のアイシャドウは証明写真に適していません。

派手なメイクはビジネスシーンには合わず、だらしない印象を与えてしまいます。またメイクを盛りすぎて別人のようになってしまうと、写真での本人確認自体が出来なくなります。

3. PhotoBooth Onlineでキレイな証明写真を準備しよう!

証明写真 メイク コツ

証明写真に適したメイクをした後、スマートフォンやデジタルカメラで写真を撮り、証明写真作成サービスPhotoBoothOnlineを使ってみましょう。お持ちのスマートフォンまたはパソコンでPhotoBoothOnlineのページを開いて撮った写真をアップロードするだけで自動で瞬時に写真の背景は青一色の無背景に変更され、顔を写真の真ん中に正しい面積で配置、トリミングされます。完成画像はすぐにお使いのデバイスで確認できますし、仕上がりに満足できない場合は納得のいくまで何度でも加工し直しが出来ます。画像はプリントしたり、書類のインターネット申請にもそのまま使えます。

まとめ

証明写真は各種書類申請、就活で担当者があなたを最初に見る手段になります。印象が悪いと、選考時に不利になる可能性も高くなってしまいます。書類申請や求人応募で好印象に見せるためには、証明写真の用途に合ったメイクをすることがとっても大事です。今回紹介したメイクのコツを参考に、好印象を与える素敵な一枚を撮ってくださいね。