logo
PhotoBooth

写真写りがブスになる8つの理由と上手な証明写真の撮り方

就活 証明写真 ブス

はじめに

たちの生活において、見た目が大変重要になる場面がよくあります。肉体的な魅力は、外から見られやすい要素の 1 つで人々は自信を感じるために自分の外見に気を使います。身近なところでは履歴書の証明写真を撮る前に外見を整えてから撮影をしますよね。

写真の与える印象の力は非常に大きいです。“写真撮っても写りが悪いから、何度も撮り直し”ーこれは殆どの人にあるあるです。写りの良い証明写真は就活で初期段階で大変有利に働きます。

今回の記事では、証明写真はどうしてブスに見えてしまうのか?写真写りが悪くなる原因を調べ上げ、この問題を回避し上手に撮る方法をまとめてみました。

目次

証明写真がブスに写る8つの理由

原因その1:スマホアプリを使った過度な写真加工

今は多くの人が写真編集アプリを使っています。しかし編集をやりすぎると、別人に見えてしまいます。過剰な写真の加工は不自然になり、実際の見た目と異なり、本人確認用の証明写真として使えなくなります。アプリを使って写真を編集する場合は、シワ、ほくろ、傷跡を消したり、顔の比率や目の形、肌の色を変えたりしないでください。これらすべてに手を加えると、身元確認が不可能になります。

原因その 2: 画像の縦横比が正しくない

証明写真を自分で撮影すると顔が大きすぎたり小さすぎたりすることがよくあります。その場合、殆どが公的身分証明書の写真要件を満たされていないことになります。例えば、マイナンバーカードやパスポートに使う写真には特定のサイズなど、細かい条件が指定されていて、自分で撮った写真がこれらの条件を満たしていないと、証明写真として認められません。

原因その 3: 背景が合っていない

例えばあなたの髪が白髪で白いシャツを着て、白い背景を選んで写真を撮ると、顔や体の輪郭が背景に溶け込んで分かりずらくなります。証明写真撮影の際は、服の色が背景に溶け込まないよう、コントラストのある背景色を選びましょう。証明写真の背景の選び方については、このトピックに関する記事を是非ご覧ください。

原因その 4: だらしない服装

ブス自撮り

だらしのない人は職場で良い印象を与えません。履歴書に使う証明写真を撮影する際、普通は黒またはダークブルーのスーツに白いシャツを着て撮影すると思いますが、しかし、それだけですと写真は何の変哲もないので、個性が失われ、必然的に写真は通常よりも表現力がおちます。男性の場合ですと、証明写真に適したネクタイを選ぶことで劇的に変わり、魅力的なイメージを創り出すことが出来ます。証明写真撮影時のネクタイ選びについて別に記事をまとめてあります。

上記以外でも男性の場合は以下の外見上のポイントに注意する必要があります。

  • 服にシワや汚れはないか。
  • 服装が普段着っぽく見えないか。
  • シャツの襟もとがよれよれになっていないか。
  • シャツのボタンは外れていないか。
  • ネクタイはねじれていないか。
  • ネクタイの柄は派手ではないか。
  • メガネは派手で目立っていないか。
  • 耳に穴があけられ、ピアスを着けていないか。

証明写真に最適な男性の服装は?

男性の場合、黒またはダークブルーのスーツに白いシャツ、ねじれの無いネクタイを着用し、そしてシャツのボタンはすべて留め、スーツとシャツはジャストサイズを選ぶと写真写りが劇的に変わります。

女性は、スーツやジャケットを着用せず胸元が大きく開いた露出度の高い服を着用したり、大きなメガネ、ネックレス、イヤリングなど目立つアクセサリーを身に着けていると、証明写真ではだらしなく見えてしまいます。

証明写真に最適な 女性の服装は?

女性の場合、黒またはダークグレーのスーツ、スーツの下には白いシンプルなデザインのブラウスの着用が理想的です。その他の身に着けるアクセサリー関係は控えめなものを選ぶ必要がありますが、証明写真撮影に合ったアクセサリー選び方について別の記事にてまとめています。

理由その 5: セットされていないヘアスタイル

証明 写真 写り 悪い

女性の場合、長くゆるっとしたルーズヘアですと、だらしない印象になり、ブラウスの襟元が髪で隠れていたり、眉や目に前髪がかかっていると写真での本人確認が難しくなります。

セットされていないボサボサの髪は、目が覚めたばかりのように見え、めちゃくちゃな人だという印象を与えます。 また、凝ったヘアスタイルや明るい色の髪もあまり良い印象を与えません。特に証明写真撮影の時は、いつもと違ったヘアスタイルなどにはせずに、普段通りのセッティングを心がけましょう。証明写真から本人確認が出来るよう普段の外観を客観的に示す必要があります。宗教上の理由を除き、頭を覆うものは着用しないでください。

証明写真に最適な女性のヘアスタイル

長い前髪と髪は耳にかけて後ろに流すか、顔が完全に開いたスタイルにする必要があります。ジャケットの襟が隠れるほど髪が長い場合は、頭の後ろで束ねてポニーテールなどでまとめ、前髪は上にあげて目が隠れないようにしたり、横に流しましょう。ピンでとめる場合は、黒や茶色の目立たない色で、派手なピンは使わないようにしましょう。前髪が短い場合はスタイリング剤でしっかり止めましょう。

男性は、髪が長すぎるとだらしのない印象になります。そして明るい髪の色や派手なヘアスタイルは就活には合いません。前髪が長く目元が隠れてしまっては本人確認の妨げになります。そしてひげを1-2日剃らずに無精ひげを生やした姿では証明写真が台無しになります。

証明写真に最適な男性のヘアスタイル

前髪は目を隠さないよう髪を分けるか横に流し、髪は適度に短くして清潔感を出しましょう。髪の色は自然な黒色が望ましいですが、染める場合もなるべく地毛に近い色で染めるのが、望ましいです。

手に負えないくせ毛は少量のヘアワックスを使い、束感が出るようにまとめましょう。

原因その6: 場に合わないメイク

濃いメイク

場違いなメイクまたはノーメイクでは証明写真の印象が台無しになる可能性があります。明るいシャドウや濃いマスカラ、アイラインなどを使い派手なメイクをすると、清潔感や真面目な印象が失われ、濃い色の口紅は反抗的に見てしまいます。

顔のメイクには、照明写真の鮮明度を低下させる原因の光りの反射が起こらないよう、光沢感のないマット化粧品の使用をお使いください。ファンデーションは顔と首の色が違うと注意力が無いように見られてしまいます。メイクは社会人のマナーと捉える企業も多いため、ノーメイクですと悪印象を与える可能性があります。そしてノーメイクでは顔の表情にメリハリが無く魅力を引き立たせなくなります。

証明写真撮影の際の正しいメイク

ヌードカラーとマットでナチュラルメイクを目指しましょう。唇にはマットタイプの口紅を軽く塗り、頬には赤みを抑えたファンデーションを使いましょう。メイクをすることで血色感がアップし、自然でいきいきとした印象に仕上がります。以前投稿した証明写真に最適なメイクアップに関してまとめた記事で更に詳しく確認できます。

原因その 7: 不愛想な表情

笑顔 ブサイク

証明写真撮影の際は公式要件でカメラのレンズを直接見る必要がありますが、上を見上げたり、目線がレンズからずれていると写りが悪くなります。あまりにも無表情だったり、歯を見せた笑顔は悪印象を与えます。写真の表情が不自然であったり、目が普段よりも細くなっている場合は、実際の本人のイメージとは異なり、証明写真として受け付けられません。

証明写真では口を開けた笑顔のないニュートラルな表情にする必要があります。同時に、最近の研究では、口を閉じた状態での微笑が自信を刺激し、より賢く見えることさえあると言われています。

証明写真に最適な表情

視線はまっすぐにカメラのレンズを見ましょう。口は閉じ口角は少し引き上げて完全な笑い顔にならないよう、歯を見せないよう気を付けましょう。緊張せずに自然な表情を意識してください。ニュートラルな表情でも親しみを感じられるように撮影の際は幸せな瞬間を考えるよう意識してください。

原因その8: 姿勢

肩の高さが左右で違う、上半身が前に傾いている、あごが胸についている、または顎を上に向けすぎている。これらの姿勢は全て証明写真の写りを台無しにしてしまいます。

証明写真撮影時の正しい姿勢

証明写真では美しく、自身に満ち溢れた姿で見せなければなりません。肩を下ろして後ろに引くことで、美しい姿勢になります。二重あごを避けるために頭を肩から離し、頭をまっすぐにしてあごをほんのわずかに前に出すよう意識しましょう。

PhotoBooth Onlineを使って素敵な証明写真を作りましょう!

上記に書かれた注意点を参考に、ヘアスタイルやメイクを整え、証明写真に適した服装やアクセサリーを着用しているかしっかり確認してください。美しく自信に満ちた自然な表情で姿勢を取りスマートフォンやデジタルカメラで自撮りしましょう。

photobooth online

無料の証明写真作成オンラインサービスPhotoBooth Onlineをスマートフォンまたはパソコンで開き、撮影した画像をアップロードすると瞬時で画像が加工されます。青色の背景への変更、正しい顔の面積とサイズで写真中央へ配置し、必要とされる写真サイズにトリミング。これらすべての処理をPhotoBooth Onlineは自動で行います。仕上がり具合はお使いのデバイスですぐに確認、保存して書類のオンライン申請にそのまま使ったりプリントも出来ます。仕上がりに納得いかない場合は何度もやり直しも可能です。

まとめ

人の印象というものはその人を見た瞬間で形成されます。もし証明写真で写真写りが悪いと書類選考で不利になってしまいます。今回紹介したポイントに注意しながら、写りの良い好印象の証明写真を仕上げて成功をつかみ取りましょう!