logo
PhotoBooth

 証明写真に合った正しいネクタイの選び方?色と柄に関する注意点

証明 写真 ネクタイ

はじめに

証明写真にはどんな色のネクタイを選べば良いのかな?と求職中の男性の中には悩む人が多いです。今回は求職活動に使う証明写真に最適なネクタイ選びと、ネクタイの色と柄によって人にどんな印象を与えるかについて説明していきたいと思います。

目次

1. ネクタイの色

就活 写真 ネクタイ 色 赤

履歴書に使う証明写真では面接や就活セミナーに参加する時と同じように、黒や紺のシンプルなリクルートスーツに白のシャツを着ることが一般的になっています。スーツと同様にネクタイも選んだ色や柄によっては相手に伝わる印象が変わる重要なアイテムです。どのようなネクタイの色を選ぶかは個人の自由ですが、出来るだけ落ち着いた柄や色を選ぶようにしましょう。特に就職活動では青、赤、黄色、グレーが推奨されます。もし何色のネクタイを選んで良いのか悩んでいる場合はスーツに合わせやすいよう先ほどの4色の中から2色を選び、1本づつ持っているとスーツごとに場面に応じて合わせやすくなります。全ての色は特徴とイメージを持っていますので、あなたの性格に合ったネクタイの色を選び、相手に正しい印象を与えることが大事です。

青色のネクタイ(ダークブルー、スカイブルー)

“真面目”・“知的”・“勤勉”といった仕事において重要な印象を与える一方、でこの色に合った印象を作るうえで、濃淡が重要な要素です。例えば落ち着いた印象を強調したい場合、ダークブルーが最適です。この色は日本人にとても慣れ親しんだ色で、特に年長者の人たちが好まれています。ダークブルーのネクタイを使うと、上役の人たちに好印象を与えることが出来ます。スカイブルーは清潔感、新鮮さ、明るく若々しい印象をあたえます。そしてネクタイの色選びで季節も大事です。スカイブルーのネクタイは夏の暑い日に清涼感を演出することが出来ますが、冬の場合は面接で若干寒々しい印象を与えるかもしれません。

赤色のネクタイ

赤は生き生きとしたエネルギッシュで情熱的なイメージを与え、指導的立場の人たちが大事な場面でよく着用していてます。最終面接のような重要な時に赤色のネクタイを着用すると、面接担当者に仕事に対する強い意欲や元気さをアピールできます。

しかし極端に鮮やかで明るい赤色のネクタイは就活においては派手すぎで反抗的だと受け止められる可能性がありますので、赤系のネクタイを着けて証明写真を撮る時は、ワインレッドやディープレッドのような落ち着いた暗い色合いを選ぶとよいでしょう。

黄色いネクタイ

この色は、“明るさ”、“社交的”、“柔らかさ”というイメージを持っており、コミニケーション力、協調性があり、気軽に話せる印象を与え、相手の警戒心をほぐします。ですので面接以外でもグループディスカッションのシーンでも着用はおススメです。しかし黄色系でも明るさ具合によってはカジュアルすぎると受け止められてしまいます。ですので就活の際は淡いパールイエローのような落ち着いた黄色いネクタイを選んでください。

就活 証明写真 ネクタイ

グレーのネクタイ

グレーのネクタイの印象: “聡明” “冷静” “大人”など。グレーネクタイは官公庁や金融機関などで最適とされています。この色はビジネスの世界で重要な冷静さで知性的で勤勉な印象を与えるのに大変に役立ちます。そして面接では緊張しがちですが、グレー系ネクタイは落ち着いたイメージを演出します。それ以外でも落ち着いた色ですので、面接担当者の警戒心を薄める効果があります。しかし、グレーは控えめで地味な色ですから、自己主張が苦手で自分の意思が弱いように見えます。ですので上記に示した色の特徴を参考にあなたの求める職種や、自分のパーソナリティにマッチしたネクタイの色を選択しましょう。

“若くてさわやかな学生”の印象を与えたい場合は、青(誠実、さわやか、清潔)または黄色(明るく、若々しく、活発)のネクタイを選ぶとよいでしょう。また面接では派手になりすぎないことが大切なので、基本の赤・青・黄以外を選ぶ場合はフォーマルに見える色であれば問題ないでしょう。

ただし、黒と白のネクタイは色の明暗や模様に関係なくビジネスシーンや就活で使うのは避けましょう。この二色は催し物やセレモニーの意味合いが強く、白いネクタイは結婚式などの祝い事を連想させ、黒いネクタイは言うまでもなく、葬儀の際に着用されるものです。黒または白のベースカラーに模様が入ったオシャレなネクタイもあり、使うことも出来なくはないにしても、不要にネガティブな印象を与えないようこれらの色は選択肢から外しましょう。

フォーマル感を演出するならモノトーンカラーのネクタイの着用がおススメで、ピンク、シルバー、紫系の色は仕事のイメージからかけ離れており、人によってはマナーが悪いと受け止める場合があるので避けた方が良いでしょう。

履歴書 写真 ネクタイ なし

シルバーと落ち着いたブルーを組み合わせたストライプ柄のネクタイは、ビジネススタイルの主役になるので、就活に使っても面接担当者に悪い印象は与えませんが、シルバーが強いネクタイは派手で仕事向きではないので避けた方が無難です。ネクタイの色選びと同じくらい季節も大事なポイントです。例えば赤などの熱をイメージする色は夏には良い印象を作りにくいです。スタイリッシュなネクタイを必ず選ぶ必要はありませんが、場所や季節に合わない服装で証明写真を撮ると、写りが悪くなってしまう“写真ブス”の原因になってしまいます。

夏は涼しげな色、冬は温かみのある色を選ぶといった見た目に季節感を出すのも大事です。

2. ネクタイの柄

ネクタイ 柄 青

ネクタイの柄もあなたの必要とする印象づくりには大事なポイントです。ネクタイの色は良くても、選んだ柄によってはあなたの印象を壊してしまうことも。ここでは証明写真に適したおすすめのネクタイの柄をご紹介します。履歴書の写真で相手に悪い印象を与えないように、ネクタイに合った模様を選びましょう。

ネクタイの柄は色選びと同じくらい大事です。鮮やかではない小さな柄を選ぶことが重要になります。大きい柄のデザインを選んでしまうと、きめ細やかさが感じられず無頓着な人と受け止められかねませんので注意が必要です。

ストライプ柄

ストライプ柄

最もオーソドックスなネクタイの柄はストライプです。就職活動してる人の多くがストライプ柄を選ぶのは時代が変わっても使われ続けている普遍的なデザインだからです。実際ストライプ柄は落ち着いて知的なイメージを醸し出すので、社会人に人気があります。そしてこの柄はビジネスの世界では様々な場所で最もオールマイティにつかえます。ストライプの太さや色の数に気を付けながら選ぶと、洗練した印象を生み出すことが出来ます。

ストライプ柄の中でも左下から右へ斜め上にストライプが入ったレジメンタルタイがおススメです。またストライプ柄が右下から左上入ったリバースでも問題ないですが、求職中の場合は、オーソドックスなレジメンタルタイがより適しています。

フォーマルな印象を与えるにはネクタイのストライプは細く、色は2-3色でまとまっている必要があります。派手になりすぎるとカジュアルな雰囲気になってしまいますので色やラインの細さにご注意ください。ストライプの幅が太く、色数が多いほどカジュアルで派手になってしまい、就活に適さなくなりますので、細いストライプで色は2-3色でまとまったネクタイを選ぶと問題ないでしょう。

ドット柄

ドット柄

ドット柄、水玉、細かい柄も就職活動に使う証明写真に最適です。これらの柄は落ち着いて誠実な印象を与えてくれるのも特徴です。ストライプ柄と同じくドットが大きいほど、カジュアルで可愛い印象になってしまうのでご注意。

水玉(ドット)柄のネクタイはも同じく真面目で誠実な印象を作り出してくれます。ストライプ柄との違いは色数が少ないので、エレガントで落ち着いた印象になる利点があります。そしてあっさりしたデザインが多いのでどのスーツにも合わせやすい柄です。しかしドットが大きい柄を選んでしまうとカジュアルに見えてしまいますので、小さなドット柄を選ぶようにしましょう。ストライプ柄と同様に水玉(ドット)模様を選ぶ際、派手なデザインや色を選ばないようにご注意ください。ドットサイズは8mmが推奨されます。

チェック柄

チェック柄

市松模様は少しファッション性の強い柄なので、就活には向かないデザインかもしれません。市松模様柄のネクタイは、“元気”、“爽やか”“フレンドリー”な印象を与えます。ストライプ柄やドット柄と比べると普段着向けのデザインですので、ドレスコードがなく、私服OKの企業の面接や就活セミナーでは問題ないでしょう。その他アパレル、デザイン、広告業界等で相手に個性を印象付けたい方にはおススメです。

ストライプや水玉(ドット)と同様に、チェック柄が太く色数が多いほどカジュアルな印象になるのでチェックが細く、色数が少なく3色でまとまったデザインを選ぶと良いでしょう。チェックのラインが太く、色数の多い市松模様は飾りとしての性格が強く、就活などのフォーマルな場所では不向きです。公務員や金融機関などの厳格な業界で仕事を探す場合はこのようなチェック柄のネクタイは避けるべきです。カジュアルな見た目は真面目さや真剣さが求められる業種での就活には不向きです。

シンプルデザインのネクタイ

単色(無地)のネクタイは、どんなスーツにも合わせやすく安心ですが、色選びには注意が必要です。無地でのネクタイは“清純”“誠実”な印象を与え、どんなスーツにも合わせやすいおススメのネクタイですが、柄が入っていない分、色の印象が強くなりますので、色選はとても大事なポイントです。派手に見えない落ち着いた色(青なら紺、赤なら紺など)を選ぶのが望ましいです。

おススメ出来ないデザイン

ペイズリー柄

就職活動でネクタイを選ぶときに避けるべき色と同様に、おすすめできないデザインがあります。

ブランドのロゴ、キャラクターが入ったデザイン

ブランドのロゴやキャラクターが入ったネクタイはメッセージ性が強く、企業が求めるイメージの要件と一致しない可能性が強いので就職活動には不向きで、採用担当者からの評価を下げるリスクもあるので、このようなデザインのネクタイは避けましょう。

ペイズリー柄

ペイズリー柄のネクタイも独特で派手な印象を与えてしまうので就活には適していません。ブランドのロゴやキャラクター入りデザインと同じく、ビジネス環境に適していないと見なされているので、避ける必要があります。

クレリックネクタイ 

これは太い部分と細い部分で色が違うネクタイです。ファッションとして着けるのであれば問題ないですが、このようなタイプのネクタイは就活には向いていないので着用は避けましょう。

3. 証明写真用にネクタイを選ぶ上での注意事項

ネクタイ 長さ 選び方

就職活動でネクタイを選ぶ際に重要なのは色と模様だけではありません。 ネクタイの形や素材も印象を創り出すのに重要な要素です。

ネクタイの素材

ネクタイは様々な素材のものがあります。ニット、ウール、そして夏用にはリネン素材が使われています。しかしこれらの素材はカジュアルな印象になるため、面接や証明写真などには通常のシルクネクタイが最適です。安価に流通しているポリエステル素材のネクタイも洗濯も簡単で使い心地も悪くないですが、光沢があり安っぽく見えたり、滑りやすい素材のため、結び目が解けやすいので、面接や証明写真の撮影に使わない方が良いでしょう。

ネクタイの幅

ネクタイ選びは色、柄だけでなく、幅も重要なポイントです。幅が狭すぎるとラフな印象になり、幅が広すぎると不自然な印象になります。ネクタイはスーツの襟下(ラペル部分)と幅の広い部分(大剣)が同じサイズのものを選ぶと間違いないでしょう。

スキニーネクタイはスタイリッシュに見えますが、ビジネスシーンには向いてないので、フォーマルな場所での使用は控えた方が無難です。

 ネクタイの長さ

選んだネクタイの色も幅も完璧なのに長さが合っていないと、バランスが崩れてしまい、印象が悪くなってしまいます。ネクタイの長さはベルトのバックルの上半分が隠れるくらいが適切です。ネクタイの長さがベルトまで達していないと、だらしなく見え、バックルが全部隠れるくらい長いと色のアクセントが失われ、全体の印象が悪くなります。

ネクタイの結び方

ネクタイの結び方はたくさんありますが、その中でもウィンザー・ノットは横広の逆三角形で見た目がエレガントで美しいばかりでなく、形が崩れにくい結び方で就活に最も適した結び方で好まれています。ネクタイを結ぶことは慣れが必要で時間がかかります。きちんと結べるように、本番前にしっかり練習しておきましょう。

4. 満足のいく証明写真を用意しましょう

スーツもネクタイもばっちり決めたら、次は就活に向けて履歴書用の証明写真を用意しましょう。フォトスタジオやスピード写真機で撮るのも良いですが、ネットアプリを使って自分で証明写真を用意すると時間とお金の節約にもなります。ネットのオンラインサービス、PhotoBooth Onlineを使えば、気に入ったネクタイを着け替えてスマートフォンやデジカメで撮って見比べ、一番よく撮れた画像を加工して証明写真を作成出来ます。

photobooth online

PhotoBooth Online は様々な種類の証明写真を作成できる無料のWEBサービスで、お持ちのスマートフォンやパソコンに写真を取り込んで必要な身分証の種類を選択するだけで、このサービスは自動で背景を青色に変換、顔を中心に配置し、選択した身分証明書の要件に合ったサイズにトリミングします。

まとめ

就職活動では良い印象を作り出さないといけません。履歴書の写真と面接​​でいかに良い結果を出せるかは、あなたの印象によって異なります。外見への配慮は細かい部分に至るまで非常に重要です。ネクタイも同様に色、模様、形や素材に至るまで目的に合った適切なものであれば、あなたのイメージを最大限に引き立て、相手に好印象を与えます。

今回の記事を参考に面接に最適なネクタイを着けて撮影したらPhotoBooth Online で証明写真をつくり、就活で成功に向かって進みましょう!