logo
PhotoBooth

履歴書の証明写真に適した服装とは?

履歴書 写真 服装

はじめに

履歴書であなたの外見に関する情報を伝えることができるのは、書類上の写真だけです。 採用担当者は、履歴書の写真を見て、求職者がどのようなスタイルを持っているか、ビジネス環境に合っているかどうかを確認します。証明写真は本人確認にも使用されますので、3ヶ月以内に撮影されたものをお勧めします。

履歴書に載せる写真は、あなたの印象を決める重要な要素の1つです。 履歴書の文章では伝わりにくい清純さや明るさなどのイメージを、写真の表情や服装で表現できます。証明写真を撮ったり、就職の面接に行ったりするときは、適切な服装を選ぶことで、仕事にふさわしい服装を知っている人であるという印象を与えることができます。

この記事では、良い印象を与え、就職活動に役立つ服で適切な外観をスタイリングする方法について説明します。

目次

女性が選ぶべき履歴書の写真撮影用の服

履歴書 写真 服装 女性

女性は男性に比べて着こなしの選択肢が多いので、イメージ作りには細心の注意を払う必要があります。 服装の組み合わせ方によっては、成功を期待することもあれば、逆に仕事を断られることもあります。 したがって、私たちの推奨事項を検討して、好印象を残す画像を作成してみてください。

応募先の企業でドレスコードが特にない場合は、履歴書の写真は普段着よりもスーツを着たほうがよいでしょう。 スーツの助けを借りて適切なビジネスルックを作成するのは簡単であり、他の服装を選択することはかなりのリスクを伴います。

紺や黒、グレーなど、ビジネスシーンの定番カラーである落ち着いた色のスーツを選びましょう。黒のビジネススーツを選ぶときは、適度に光沢のある生地を優先してください。外資系企業に応募する場合は、黒よりも紺やグレーのスーツが望ましいです。アイデンティティ写真では、暗い色の服の背景に対して顔が視覚的によく見えるという理由から、スーツの暗い色も推奨されます。写真でより柔らかく快適な雰囲気を作りたい場合は、ベージュのスーツを着用することもできます。

サイズとスタイルであなたの姿に合ったスーツを選んでください。また、リクルーターにあなたがだらしない人であるという印象を与えないように、スーツがすり減ったり、しわくちゃに見えたりしないようにしてください. スーツをドライ クリーニング店に持っていき、アイロンをかけた清潔なスーツで身分証明書の写真を撮ってもらうのが最善です。

シャツ、ブラウス

ブラウス

あなたの肌とジャケットの色に合った白または別の明るい色合いのブラウスまたはシャツを選択してください.ブラウスやシャツを選ぶときは、スーツと合わせて試着して、セットが調和していることを確認してください。鏡を見て、自分に似合うものを選んでください。ブラウスやシャツは、細いストライプなど遠目には見えにくい柄なら怖がらずに着ていただけます。ただし、「無地の白いドレスシャツ」を選択することをお勧めします。カラーシャツは入社後もいいですが、カジュアルな印象になるので、履歴書写真も含めて就職活動期間中は着ないほうが無難です。

履歴書の写真撮影用のブラウスまたはシャツを選択するためのより詳細な推奨事項を、記事「大解説!シャツのみ履歴書写真がNGな理由とジャケットに合ったシャツの選び方」に記載しています。

男性が履歴書の写真で着るべき服装は

履歴書 写真 服装 男性

履歴書の写真は、黒や紺、チャコールグレーなど落ち着いた色のスーツを選びましょう。 この3つの色に共通するのは、採用担当者に「誠意」を伝えることです。 仕事を探しているときは、派手なスーツを着ることは控えるべきです。 柄のない無地のスーツを選んだほうがいいです。 服が候補者の尊厳を強調し、彼の背景に対して目立たないようにすることが重要です。

ただし、黒のスーツは「暗い」ため採用担当者にアピールできない場合があるため、自分の好みだけに注目する前に、応募する企業や業界の要件を明確にすることが重要です。

スーツはあなたに合っている必要があります。 小さすぎるスーツは窮屈に感じ、大きすぎるスーツはだらしなく見えます. スーツのサイズは、「スーツは肩にかけるべし」ということわざがあることから、肩幅で選ぶのがベスト。 ジャケットを着たとき、肩に約1cmの空きスペースが必要です. スーツは肩幅に合わせるとぴったりフィットします。

サイズだけでなく、スーツのシルエットにも注目。 スーツを最後に購入してから体型が変わった場合は、サイズと体型に合った新しいスーツの購入を検討してください。

シャツ

履歴書の写真は白いシャツの着用をお勧めします。 他の色を選ぶときは、淡いブルーやグレーなどの純粋な色合いに注目してください。 模様のない単色のモデルが好まれ、襟は通常または幅広です。 夏でも袖は長めに。 ネクタイなしで日常的に着用することを目的としているため、襟の角にボタンが付いているシャツを選ぶことは受け入れられません。

ネクタイ

スーツとシャツに続いて、就職活動に適したネクタイを選ぶ必要があります。 男性しか身につけられないアクセサリーですので、男らしさを保ちつつ、転職先の雰囲気に合わせた色や柄を選びましょう。 青は「知性と誠実さ」、赤は「エネルギー」、黄色は「明るさ」など、色ごとにイメージが異なります。 応募する企業の要件に合ったネクタイを選択してください。

ネクタイの結び方の3つのコツ

ネクタイ

コツ1:シャツの一番上のボタンが結び目から見えないように、ネクタイをきれいに結びます。最も一般的な間違いは、ネクタイの結び目が緩んでいるか、結び目とシャツの間に隙間があることです.結び目が緩い場合は「大剣」を引っ張り、結び目とシャツの間に隙間がある場合は、結んだときに入るネクタイの細い方を引っ張って調整します。ネクタイの結び方は襟元で留めるとすっきりとした印象になるので、そこは要注意。

コツ2:座ったときに「大剣」の先端がベルトに触れるようにします。 「大剣」は帯に沿うように結ぶ際に長さを調整することをお勧めします。これは、首から胸までのネクタイの幅が履歴書の写真に美しく表示されるためです.顔を小さく見せるためにネクタイの結び目を非常に大きくすることもありますが、これはイメージのバランスを崩すので避けてください。

コツ3:履歴書撮影の際は、安全ピンやタイピンを使用しないでください。ネクタイピンはファッションアイテムですので、証明写真で着用する必要はありません。おしゃれなネクタイピンを付けると、軽薄な印象を与えてしまう恐れがあります。

40年ぶりの転職を成功させるための履歴書写真用服装のコツを解説した記事もどうぞ!

履歴書の写真はスーツ以外もOK? 履歴書 写真 私服

インタビューや履歴書の撮影では、ポロシャツやパーカーなどのカジュアルな服装を着用しないことを強くお勧めします。 ノースリーブやワイドネックラインなど、肌の露出が多いトレンディな服装は避けましょう。 また、危険を冒したり、ジャケットなしで シャツのみ写真を撮ったりしないことをお勧めします。これについては、別の記事で説明しました。

フルタイムの職に応募する場合は、リモートまたはパートタイムの従業員よりも厳しいビジネス倫理要件が適用されます。採用担当者は、面接中に身分証明書と服装の写真を使用して、求職者が最低限のビジネス エチケットに従っていることを確認します。公務員や金融業界など、しっかりとした印象を持たなければならない職種では、個性を強調する服装やアクセサリーは控え、ベーシックなモデルを選びましょう。

PhotoBooth Online で履歴書に適したサイズの写真を手に入れましょう!

採用担当者は、履歴書の写真が与える印象を非常に重視します。したがって、ビジネスマナーのすべてのルールに従って写真を準備してください.PhotoBooth Onlineは、無地の背景に正しいサイズの写真を準備するのに役立ちます。

photobooth online

デジタルカメラまたはスマートフォンカメラで写真を撮影し、スマートフォンまたは PC で PhotoBooth Online にアクセスして写真をアップロードします。このサービスは画像を自動的に処理し、わずか数秒で、無地の青色の背景に 40mm x 30mm のサイズの履歴書の写真を受け取ります。デジタル写真を自分用に保存し、それを使用して Web 履歴書に埋め込み、電子メールで送信し、会社の Web サイトにアップロードします。印刷もできます。

まとめ

スーツは男女問わず、履歴書写真の基本となる服装です。 シンプルな黒、紺、またはチャコールのスーツで十分です. スーツの下に無地の白シャツを着用することをお勧めします。 女性は、装飾的なトリムのないシンプルなカットの白いブラウスを選ぶこともできます。