logo
PhotoBooth

 大解説!シャツのみ履歴書写真がNGな理由とジャケットに合ったシャツの選び方

履歴書 写真 シャツのみ

はじめに

履歴書に使う証明写真を撮る時、ジャケットを着ずにシャツのみではダメなのか気になる方が多いと思います。今回は証明写真にはどうしてジャケット無しがいけない理由の解説と、就活で成功できるよう、証明写真に合った男性、女性のシャツ選びをアドバイスします!

目次

 履歴書写真はシャツのみで撮影してもOK?

シャツ 男性

ジャケットを着ないでシャツのみの履歴書用の証明写真を撮ると、マナーを守れない常識のない人と思われてしまいます。企業の採用担当者は、この人は写真撮影の準備も整えないのだから、仕事に対しても同じ態度で接するだろうと捉えてしまうでしょう。ですので業種に関わらず、責任があり、真面目な印象を与えるためにはジャケットを着ることを強くお勧めします。

夏でも履歴書写真はジャケットを着ないといけないのか?

履歴書 写真 ジャケットなし

先に説明した通り、シャツだけの証明写真は好印象を与えませんので、たとえ夏であっても、撮影の時は必ずジャケットを着ましょう。就職活動は品格を求められ、ジャケット着用は基本的なビジネスマナーです。シャツには様々な種類があり、身分証明書や履歴書の写真撮影でどのようなシャツを着たらよいのか迷う人もいます。シャツの種類ばかりではなく、色、柄、襟の形なども気を付けなければいけない   ポイントです。仮に私服がOKの企業だったとしても、履歴書の写真は男女共にスーツ&シャツの組み合わせが安全といえるでしょう。男女問わずにおススメの一番シンプルで無難な服装は黒または紺のスーツに無地の白いシャツです。

男性の履歴書写真に最適なシャツは?

履歴書 写真 シャツ 色

もしあなたが新卒の場合は白色のシャツがおススメです。白は清潔感、新鮮さを与え、どの職種でも通用し、顔色も良く見せる効果がありますので、面接担当者に良い印象を与えられます。中途採用の場合は、柄の入っていない他の色を選ぶ事も出来ます。淡いブルーやグレーが良いでしょう。単色無地のシャツが推奨される理由はあらゆる業種の服装規定の制限を受けることがなく、公式な場以外でも様々なビジネスシーンで着用できるからです。しかし無地のシャツではなく、違った着こなしをしたいと思うのであれば、細いストライプが入ったシャツも悪い印象を与えませんし、職種によっては清潔でスマートな印象を与えることもできます。シャツのタイプはスタンダードなレギュラーカラー、またはワイドカラーを選び、スタンドカラーや普段着と思われるようなポロシャツは避けましょう。夏であっても長袖である必要があります。そしてネクタイ着用が前提なので、襟先にボタンのあるボタンダウンシャツは選択の対象から外しましょう。

サイズは自分の体にピッタリのものを選びましょう。ネットショップでもシャツは購入できますが、体格には個人差がありますので初めて購入する場合はしっかり採寸して慎重に選ぶ方が良いでしょう。シャツは特に首回りや袖が自分のサイズに合ってないと、だらしなく見えて、面接担当者に悪い印象を与えてしまいます。

写真撮影前にシャツにはしっかりアイロンをかけ、 たたみシワがないか、襟周りの形状は正しいかをチェックしましょう。また襟に汚れや黄ばみが無いかをチェックし、第一ボタンまでしっかり留めましょう。そして鏡で襟がまっすぐで左右対称か確認し、衿のゆがみを直し、襟元をすっきりと見せましょう。

近年ノーネクタイ、開襟のクールビズスタイルがビジネスマナーとして浸透しつつあります。そのため、シャツの襟ボタンを留めなくても印象は悪くありませんが、最終的には採用担当者と会社の考え方次第になります。逆を言えば 第一ボタンは留めていてもマイナスイメージになることはありません、仕事を探す際、無用なリスクを冒すより「第一ボタンは留めておかないといけない」と考えていた方が無難でしょう。

ダメなシャツの種類:

  • 模様の入ったシャツ
  • ポロシャツ
  • スタンドカラーシャツ
  • ボタン付き(ボタンダウン)シャツ
  • シワ、汚れがあるまたはよれよれのシャツ

スーツとネクタイの適切な選び方については「履歴書の証明写真に適した服装とは?」で解説しておりますので是非お読みください。

女性の履歴書写真に最適なシャツは?

シャツ 女性

女性の場合、履歴書写真を撮る時にシャツやブラウスの選択肢は多いので、自分の見た目に似合うものを比較的簡単に見つけることが出来ます。しかし仕事探しでは、普通の白いスタンダードなシャツを選ぶと安全です。カラーシャツは効果的ではありますが、履歴書用の写真でカラーシャツは普段着の印象を与えるので、仕事が決まって働くまで控えた方が賢明です。もし自分に白いシャツ、ブラウスがに合わないと感じたら、ライトブルー、ライトグレー、クリームなど、別の明るい色合いのシャツまたはブラウスを選択するとよいでしょう。細いストライプの入った細かい柄のシャツやブラウスでも安心して着用出来ます。フリルやレースなどの飾りのついたシャツ、ブラウスは不真面目に見えてしまうのでNGです。

女性の就活に適したシャツは主に「レギュラーシャツ」と「スキッパーシャツ」の2種類。 シャツの形を選ぶ時、自分が働きたい業種、自分に合っているかどうかを考慮することが大事です。

レギュラーシャツとは、その名の通り襟の開きが75度から90度の最も基本的な形のシャツで、あらゆる業種の採用担当者にエレガントでインテリな印象を与えます。これは第一ボタンを留めたシャツは肌の露出は少なく真面目な印象を与えるからです。そのため就職活動などのフォーマルなシーンに最適なシャツです。首回りに少しゆとりがあれば、見た目も着心地も良いです。しかし第一ボタンを外し、襟を引っ張る女性もいますが、これは間違いです。レギュラーシャツは一番上のボタンを留めて、襟をジャケットの内側に収めましょう。このタイプの襟は、ジャケットの外側に出すとバランスが悪く、だらしなく見え好印象を与えません。

スキッパーシャツはレギュラーシャツと違って襟元にボタンが無いのが特徴です。ですので襟が首や胸元を隠しません。このタイプのシャツは明るく若々しくみ見え、 レギュラーシャツと比べてバイタリティ溢れる印象を与えます。スキッパーシャツは美容、観光などの業種や、厳しい服装規定が求められない情報技術分野で働きたい人にお勧めです。それ以外でも大きく開いた襟は首を長く、小顔に見える効果も期待できます。スキッパーシャツを着る場合、過度な胸元の露出や襟をジャケットの内側に収めたり、ボタンをはずしすぎないよう注意が必要です。シャツは自分のサイズに合うものを選んでください。特にシャツの肩の縫い目は自分の肩幅にぴったり重なるか確認しましょう。また首回りのサイズに注意が必要です。首回りが小さい場合は第一ボタンを外さなければならず、レギュラーシャツではお勧めできない着こなしになります。

シワのあるシャツはだらしなく見えるので、写真撮影前には必ずアイロンがけをしましょう。そして買ったばかりのシャツは畳ジワがありますのですぐに着用せず、この場合もしっかりアイロンでシワを伸ばしましょう。もし自宅にアイロンがない場合は、洗濯屋さんに持っていきましょう。

シャツの襟は左右対称であることをしっかり確認しましょう。非対称ですと、姿勢が悪く見えて、証明写真で被写体のバランスが崩れてしまいます。

そしてスキッパーシャツを着用している場合、鏡で襟に化粧がついていないことを確認してください。

女性の履歴書写真撮影に適さないシャツ、ブラウス:

  • 胸元が大きく開いた開襟シャツ
  • 派手な色や鮮やかな模様の入ったシャツ
  • フリルやレースのような装飾が付いたシャツ
  • 汚れやシワの付いたシャツ

女性の就活で適切なスーツの種類や選び方については「履歴書の証明写真に適した服装とは?」で解説しておりますので是非お読みください。

最高のインプレッションを与える 履歴書写真はPhotoBooth Onlineで作成!

就職活動での成功は、履歴書の写真が採用担当者に与える印象にかかっています。

photobooth online

ビジネスマナーの条件が満たされた服装は完璧な履歴写真の仕上がりにつながります。鏡で服が自分に合っていて、きちんと着こなせているかチェックし、デジタルカメラまたはスマートフォンで撮影しましょう。 そしてスマホまたはパソコンでPhotoBooth Onlineにアクセスし、撮った画像をアップロードしてください。PhotoBooth Onlineは取り込んだ自撮り画像を自動で加工し数秒で背景を青色無地の30mm×40mmサイズの履歴書写真に仕上げます。完成したデジタル証明写真はWebでの求人応募用にお持ちのデバイスに保存、またはプリントも出来ます。

まとめ

男性、女性共に就職活動、履歴書写真の撮影では基本的にはスーツを着なければなりません。面接でスーツを着ていても、提出した履歴書の写真では別の服を着ていた場合、採用担当者は、実際と写真のイメージが違うので、履歴書の内容も本当は違うのではないかと思ってしまいます。履歴書写真を撮る前はしっかりシワや汚れが無いかチェックしましょう。ビジネスマナーを守って採用担当者に好印象を与え、就活で成功をおさめましょう!