logo
PhotoBooth

証明写真はひげ有りOKそれともNG?

証明 写真 ひげ

はじめに

男性の中には髭を生やして証明写真を撮っても良いのか悩む人も多いです。ヒゲは男のオシャレポイントの一つ、普段からひげを整えているのに顔写真を撮影するために沿ってしまうのは大変気の毒です。ひげをしっかり整えて写真を撮りたくても、無精ひげは清潔感がないというマイナスのイメージを周囲に与え印象を台無しにしてしまいます。今回は身分証明書用の顔写真を撮る際、ひげの処理はどうすればよいのか見ていきましょう。

目次

髭の生えた写真を証明写真に使っても良い?

パスポート 写真 ひげ

パスポート、マイナンバーカード、運転免許証などの写真要件を見ると、ひげに関する規定はありません。身分証で身元確認する際は目、鼻、口そして顔の輪郭の位置に重点が置かれ、時の経過によって変化する髪形やひげはあまり重視されていません。ですのでヒゲを生やしたまま証明写真を撮っても問題ありません。一方でパスポートやマイナンバーカードのような身分証は5年から10年という長いスパンで使うことになります。もし普段ひげを生やしてなくて、身分証の提示をした際、写真に写っている人物が本人だとすぐに判断できない場合があります。

身分証明書に使用する顔写真は、顔、鼻、口の輪郭が隠れてしまうのはNGですので、もしひげの毛量が多かったり、特徴の強いひげの形で口が隠れたり、輪郭が分からなくなっている場合は身分証用の写真として受理されない可能性があります。

色んな種類、色んなサイズの証明写真の準備はPhotoBooth Onlineで!

どんなひげが身分証用の写真に適していないのか?

パスポート 写真 ひげ

あご髭に関して厳格なルールはありませんが、全ての髭のスタイルが認められるわけではありません。どのようなヒゲのスタイルが証明写真に適さないのかを見てみましょう。以下のポイントに気をつけてひげを生やして撮影すれば、問題なく身分証明書用の証明写真として受理されます。

【1】伸ばしすぎ・濃すぎるヒゲはNG

まず初めに気をつけたいのは、ヒゲの毛量。パスポート、マイナンバーカード、運転免許証などの身分証は、顔の輪郭や顔の部位(鼻、口)を隠してはいけないという厳しいルールがあります。口や鼻、顔の輪郭が隠れる程ひげが多い場合は、証明写真として認められない可能性が高くなります。顔の毛が多すぎると、顔の輪郭があいまいになり、性格が特定しにくくなります。

【2】無精ひげはNG?

もう一つ気を付けたいのは、きちんと整えられているかどうか。男性の中には、ひげを剃った翌日または2日後に、微妙にひげが生えた状態で撮った写真が使えるか心配する方もいますが、上記で述べたように顎ひげ・口ひげに関する特別なルールはありません。

ただし、身分証明書は長い間共にすることになります。無精ひげで撮った写真を何年も使うのは恥ずかしいですし、実際ぼさぼさの髭で撮影して後から後悔した人も多いです。撮影前に髭をしっかり整えてい後々恥ずかしい思いをすることはありません。ヒゲを生やした状態で証明写真を撮る際はこれらの点に注意してください。

ひげのある写真を撮るときは、これらの点に注意してください。

ひげを濃くしすぎて顔や鼻、口の輪郭を隠してしまうのはNGです。撮り直しを余儀なくされたり、後悔しないようにひげはちゃんと整えておきましょう。

就活の際にひげを生やして証明写真撮るのはアリ?

就活 写真 ひげ

第一印象は就活において大変重要な要素です。あなたのポテンシャルがどんなに高くても、無精ひげを生やした顔の証明写真ですと、第一印象が悪くなりますし、ひげの剃り残しがあるとだらしない印象を与えてしまいます。清潔感のない社員をクライアントに合わせたいと思う会社はありません。ですので髭を生やしていてもしっかり整えていないと、面接前の審査を通過できるチャンスは少なくなってしまいます。

多くの会社がひげを生やすのを好意的に受け取らないにもかかわらず、履歴書にひげを生やした証明写真を使うと、時と場合によって身だしなみを合わせられない人と思われてしまう可能性が高くなりますので、就活用の写真であってもヒゲはしっかり剃りましょう。

外でカッコよくひげを生やしたサラリーマンを見かけることもありますが、履歴書の証明写真はひげを生やさずに撮る必要があります。特に就活中の学生さんたちは身だしなみに気をつけてください。

清潔感を与える証明写真を撮りたいけど、青髭が目立つ。どうすればよいのか?

履歴書 写真 ひげ

今日朝ひげ剃ったばかりなのに夕方仕事帰りに身分証用に顔写真を撮ろうと思ったら、ひげが生えて写真撮れなかった。ヒゲが濃い方で剃った直後に証明写真を撮っても青髭が目立ってしまう。という悩みを持つ男性もいます。ひげがすぐに生えてしまう場合の対処法を見ていきましょう。

【1】電動カミソリを持参

これは一番手っ取り早くオーソドックスな方法で、カバンの中に入れて持ち歩いていれば、写真を撮る前に剃ることが出来ますよね。

【2】メンズファンデーションを使う

証明写真を撮らなければいけないけど、青髭が生えてる。剃りたいけど、電動カミソリもない。そういう場合はコンビニやドラックストアで売られている男性用ファンデーションを使い青髭に塗り青髭を隠すこともできます。実際ファンデーションを塗ってみると、自然に隠し、健康的な肌に見せてくれます。

Photoshop等画像加工ソフトを使う

証明写真 ひげ 消す アプリ

Photoshopのような画像編集ソフトで青髭や剃り残した部分を目立たなくすることも可能です。この場合、ある程度の画像編集スキルが必要になりますので、編集経験がない場合はお勧めできません。画像修正は難しく、慣れない人ですと不自然になりがちです。加工しすぎると実際の顔と印象が大きく変わってしまい、証明写真として使えなくなるのでご注意ください。

現在、便利な世の中になり一昔前のように証明写真を撮るためにわざわざ写真館や証明写真機に足を運ぶ必要はありません。デジカメやスマホで顔写真を撮り、証明写真アプリなどを使って自分で証明写真を作ることが出来ます。証明写真作成アプリの中でも特にPhotoBooth Onlineというサービスはネット上で無料で提供されていて、ストレスフリーで簡単に証明写真を自分で作ることが出来ます。自分で撮る場合でも撮影前に剃刀で肌を切ってしまわないようご注意しながら、ひげを剃りましょう。

photobooth online

PhotoBooth Online 無料サービスを使うと、パスポートや運転免許証など、さまざまなサイズの証明写真を作成できます。パソコンまたはスマホから画像をこのサービスにアップロードしてあとは加工処理が終わるのを待つだけです。背景を単色靑の無地に変換・顔を正しい比率で中央に配置・必要条件に合わせてトリミングこれらの処理を全てPhotoBooth Onlineは自動で行います。手動で調整する必要は全くありません。画像が完成したら写真をプリントすることもできますし、マイナンバーカードのオンライン申請や就活で履歴書のWEB提出にもそのまま使えます。画像加工スキルがなくても誰にでも簡単にプロの仕上りで証明写真を作成できます。そして一番気に入った写真が撮れるまで何度でも無料で無限に撮り直しが可能です。

まとめ

証明写真を撮る際、ひげを生やすことに決まったルールはありません。ヒゲにボリュームがなく、顔の輪郭、鼻、口が隠れていなければ問題ありません。しかし身分証用に使う顔写真は長い期間使わなければけないことを念頭に置き、流行りのひげスタイルで撮った写真を使うと時代の移り変わりで数年後には滑稽に見え、恥ずかしくなることがあります。奇抜なヒゲスタイルは避けましょう。そして就活の場合、面接担当者の第一印象を損ねたりしないようひげは剃って証明写真を撮ることをお勧めします。